人との出会いが人生の岐路となる

出会いが人生の大きな岐路になる

人との出会いが人生の大きな岐路になることがあります。

 

人との出会いで、まず胸に浮かぶのは、Fさんのことです。

 

私が仕事で配属された課に、Fさんという嘱託社員がいました。

 

いろいろ話をするうちに、Fさんがアマチュアオーケストラでホルンを吹いているという話をしてくれました。

 

私の末の弟も中学でホルンを吹いているという話をしたところ、とても興味を持ってくださり、よかったら使っていない僕の楽器を、君の弟さんに差し上げましょう、と言ってくださいました。

 

ホルンというのは値の張る楽器で、弟は自分の楽器を持っておらず、学校所有のオンボロ楽器を修理しながら使っているのでした。

 

弟は大喜びです。

 

Fさんは 直後に定年退職なさいました。弟は Fさんの楽器で中学、高校とクラブ活動にいそしみ、大学も、いいオーケストラがあるから、ということで選んで、現役合格を果たしました。

 

合格してみれば、なんとそれはFさんの出身大学であり、弟は Fさんが所属していた大学オケで、今もFさんの楽器を吹いています。Fさんという人との出会いが、弟をここまで導いてくれたのかもしれません。